水洗いできない衣類をクリーニングする方法cv

水洗いできない衣類をクリーニングする方法cv

~大宮で見たプロの技術~

洗えない。

そんな服をどうやってケアすればよいのだろう。その服の命は、あまりにも儚い。

気に入った服であればいつも綺麗に着こなしたいもの。当然、清潔にしておきたい。一年に一度しか着ないような服なら、まだ仕方がないとあきらめることもできる。

しかし、いつも着たい服が洗濯できないのは致命的だ。人は、生きている限り汗をかく。

下着が全ての汗を吸ってくれたとしても、少なからず生きている証を服は吸い込んでしまう。例えば、外のホコリやサッと降った雨。

着ている人をさりげなく守る服は、汚れが見えても見えなくても、何らかの形で汚れている。しかし、雨はともかく、外のホコリを気にして避けるには限界がある。どうケアするのかが大切だ。

そもそも、本当に「洗えない?」

洗濯をする場合、いくつかの方法がある。

一般家庭で行っているのは、当たり前の話だが「水洗い」が大半である。洗濯機に衣類を入れて、洗剤や柔軟剤を入れて洗濯する。

デリケートな衣類なら、汚れが気になるところを手洗いする。ごくごく日常的な、ありふれた光景だ。このような「水を使う」洗濯方法が使えない衣類については、一般的にクリーニング店で洗うことになる。

いわゆる「ドライクリーニング」という方法が主流になるだろう。

ドライクリーニングという名称を聞いたことは多いと思うが、実際にどのような形でクリーニングを行っているかイメージできる人はそう多くない。

簡単に説明すると、水の代わりに工業用ガソリンを使って衣類を洗濯する方法になる。水洗いとドライクリーニングは、一長一短の関係にある。

水洗いの得意分野は、ハレとケで言えば「ケ」の汚れに強い。汗や食べ物をこぼした汚れなど、普段の生活に根付いた汚れを落としてくれる。

一方ドライクリーニングは「ハレ」にあたり、オイルや口紅など、油脂に由来する汚れが取れやすい。だから、仲良く使い分ければ問題ない話だが、そのいずれもダメという衣類もある。

そんな気難しい服に対して、してあげられることとは何だろう。

気難しさと付き合うためにクリーニングの技術はある

先にお伝えした気難しい服たちは「Not Wash」と分類される衣類である。

例自体はそれほど多くないが、ゴム引きコートオイルドコートなどが代表的だ。オイルドコートはもともと漁師向けの衣類だった。

海風の寒さや水の冷たさから身を守るために作られたコートという経緯があり、そのオイル自体を除去してしまうと意味がなくなってしまう。

一見気難しく考えられる凝ったコートには、作られた理由がきちんと存在しているのだ。クリーニング職人は、当然そういった「凝った」職人に敬意を払う。

確かに一般的な衣類に比べてケアは面倒に感じられるかもしれないが、それは同時に「手入れをする楽しさ」を持ち主に与えてくれるからだ。

手入れが大好きな職人たちは、何とかして素材を活かしながらクリーニングできないかと考える。

本来は。

しかし、大多数のクリーニング店では、一律に基準を定めて早い段階で「できるか・できないか」をさっさと決めるようになった。いちゃもんをつけられては困るからだ。

確かに、言わずに失敗されるよりはいいが、職人の目線から見れば、ちょっと淋しい一コマだ。

優れたユーザーは、できない理由さえはっきりしていれば文句は言わないし、納得する。だから、しっかりコミュニケーションを取れば、お互いに納得のいく形でクリーニングは進められるはずなのだ。

消費者も出品者も、面倒なコミュニケーションを避ける時代になってしまったのだろう。

大宮の「あるお店」の話

長年クリーニング業を続けている、ある大宮のお店の話をしよう。

そのお店は、平成20年11月、冬の足音が近づいているころに開業した。当時はまだ身近ではなかった、インターネットによるクリーニング受注を始めた。

「ただ綺麗にするだけじゃなく、お客様の良い品を末永く使ってもらえるようにしたい。」

良い品の中には、デリケートな高級繊維・難洗衣料・高級ブランドの衣類・ステージ衣装などが挙げられる。

そのほか、ドライクリーニングしかできないとされている衣類の汗や、鮮やかな色合いをしていて洗うと色が取れる衣類などもそうだ。

「素材ごとに適した洗い方がきっとあるはずだ。」

職人たちは研鑽を重ねた。すると、新しいことが見えてきた。

洗濯表示が全て×になっているものも、手洗い方法を考えれば水洗いできること。ステージ衣装から汗だけを取り除く方法。色移りを防ぐ処理方法。たくさんの技術が生まれ、たくさんのお客様が喜んでくれた。

だから、言える。

「できない」ことは、本来はきっと無いのだ、と。いつしか、そのお店は全国的に有名になった──。

クリケアには、基本「できない」と話す職人はいない

クリケアの職人は、モノ作りが大好きだし、モノをケアすることも大好きだ。だから、他の店ができないと聞いたら「本当に?」と思う職人が、多い。

以下に、一つの事例を紹介したい。

【事例】
オイルドコート(バブアー製)を愛用している。
オイルの臭い・汚れが気になるが、オイルドコート自体は気に入っているため、クリーニングとオイル加工をお願いしたい。

修復のポイント
まずはクリーニングを行い、オイル・汚れを除去した。
その後、オイル加工のできる職人が、状態を見ながらオイルを入れていく。

ただ、オイルはできれば薄めがいいというニーズが増えてきており、全体的に薄めの加工となった。洗って落ちるものなら、また新たに入れ直せばいい。

職人は「洗えない」という結論を出す前にそう考える。

あなたも、もし「できない」と考えていることがあったなら、少し発想を切り替えるだけで解決策が見つかるかもしれない。

職人技の紹介カテゴリの最新記事