ブランドダウン・ダウン衣類


写真:“DIESEL”のダウンジャケットを洗浄している様子

ダウンジャケット・ダウンコート・ダウンベストなどダウンの服は、自宅での洗濯も難しく、汚れがついたときやニオイが気になるときに、取り扱いに迷ってしまうことも多いでしょう。

そのようなときこそ、経験豊富なクリーニング職人に手掛けてもらえるクリーニング専門店を頼ってもらいたい、と、多くのクリーニング店が感じています。

しかし、ダウンのクリーニングを扱っているクリーニング専門のお店ならどこに依頼しても間違いない、ということもありません。

クリケアが「クオリティの高いダウンクリーニングである」と認定するのは、「ダウンの服を水で洗うクリーニング」です。

ダウンジャケットなどのダウンの服を水洗いするメリット
水洗いは汗汚れやニオイがよく取れる
水洗いは、水溶性の汚れである汗汚れやニオイを落としやすい
水洗いはダウン衣類がふんわりと軽く仕上がる・着心地が良く仕上がる
水洗いは、ドライクリーニングとは違い、ダウンに付着している水溶性の汚れがよく落ちるので、ふんわりと軽く仕上がる
水洗いならダウンの保温効果を損なうことがない
油性溶剤を使用するドライクリーニングとは違い、水洗いはダウン・フェザーの油分を落としすぎずに残したまま洗い上げられる、という利点がある。
つまり、ダウン・フェザーの油分によってキープされる保温効果を損なわずに洗うことができる

ダウンジャケットやダウンコートのクリーニングを依頼すると、一般的なクリーニング店の多くが、「ドライクリーニング」を選んでしまいます。

しかし、実はダウン衣類に最も適しているのは、「ドライクリーニング」ではなく「水洗い=ウェットクリーニング」なのです。
ダウンの服のドライクリーニングのメリットは少なく、むしろデメリットのほうが多い、と言えます。

ダウン水洗いは、汗汚れやニオイがよく取れる

ドライクリーニングが洗浄法として効果を発揮するのは、どういう場合でしょうか?


写真:ドライクリーニング機器で衣類を洗う様子

それは、油分の多いシミが付いている場合や、明らかに油性である汚れがついてしまっている場合です。

「油分の多いシミ・明らかに油性である汚れ」とは、化粧品のオイルじみ、食用油脂(食べこぼしやサラダ油など)の汚れ、機械油の汚れなどです。
服にそういった油汚れがついてしまっているときは、ドライクリーニングが効果を発揮します。
石油由来の油性の溶剤で、油汚れを容易に除去できるのです。

しかし、逆に水溶性の汚れがついている場合はどうでしょうか。
人体から出る汗は、大部分がミネラルや水分で構成されています。
汗は、水溶性の汚れの代表格なのです。

また、ジュースなどの飲み物の汚れ、タバコの煙のニオイなども、油性の溶剤では落ちにくい、と言えます。

つまり、ダウンジャケットやダウンベスト、ダウンコートなど、ダウンの洋服についてしまった汗や飲み物の汚れ、ニオイは、ドライクリーニングではきわめて落としにくいのです。

その点、水にさらして洗い流す「水洗い」ならば、汚れ全般をさっぱりと落とすことができます。
油性・水性を問わず、実はほとんどの汚れは、界面活性剤(洗剤)を使用して水で洗い流すのが、最も効果的な洗い方なのです。

ダウン水洗いは、ダウン衣類がふんわりと軽く仕上がる・着心地良く仕上がる

さて、水洗いをして水溶性の汚れがしっかりと落ちると、ダウンの着心地はどうなるでしょうか?

丁寧な水洗いを行ってじっくりと乾燥させて仕上げたダウンは、ふんわり軽くなり、汗のニオイなども気にならなくなり、さっぱりした着心地に仕上がります。


写真:ダウンの服のイメージ

しかし、これが水洗いではなくドライクリーニングであればどうでしょうか?

ドライクリーニングは水溶性の汚れ落としに向いていません。汗やニオイなどは落とし切れず、ダウンの服に残ったままになります。

そしてドライクリーニングを何度か繰り返したウールのコートやダウンなどは、なんとなく着心地が悪くなってしまった…と感じる人が多いのです。
「ずっしりと重たい着心地で、ヒンヤリ湿っぽい感じがする」
このような着心地に変化してしまうのは、もちろんドライクリーニングが原因です。
石油由来の溶剤でクリーニングするだけでは落ちなかった水溶性の汚れが、何度かドライクリーニングを施すうちにどんどん衣類に溜まっていき、やがて着心地の変化が起こってしまう、と言われています。

新品当時の軽い着心地のままキープしたいなら、ダウンの服はドライクリーニングではなく、「水で洗うクリーニング」を選ぶべきなのです。


写真:優良クリーニング店による“モンクレール“のダウンコートのクリーニング。そでやえりなどの細かなところを専用ブラシで丁寧に洗浄している。

水洗いなら、ダウンの保温効果を損なうことがない

防寒衣類のなかでも、特にダウンの服が温かいのは、なぜなのか知っていますか?

その秘密は、ダウンの衣類に詰められた水鳥の羽毛にあります。
ダウンジャケットやダウンコートなど、ダウンの服のなかに入っている水鳥の羽毛は、ダウン、そしてフェザーと呼ばれています。
ダウンは軸のついていない、ワタのようなかたちのフワッとした羽毛、フェザーは軸のついている羽毛のことを指しています。
(※ダウンジャケットやダウンコートに、ダウンとフェザー両方が詰めてあるものが多い。)

写真:羽毛のイメージ

このダウンとフェザーには、わずかに水鳥自身の油分が含まれています。そして、その油分こそ、水鳥が水に入ったとき、水分をはじいて水鳥の体を守り、体温が下がらないよう保温する機能を備えているのです。

ダウンの服が、外気の寒さを遮断し、適度な湿気と温かい空気を逃さず人間のからだを温かく保ってくれるのは、このダウンとフェザーに含まれる油分の働きによるものです。

つまり、この「羽毛に含まれる油分」を、クリーニングでキレイに落としきってしまうと、ダウンの服としての温かさ=保温効果が落ちてしまうのです。

クリケアがダウンウェアのドライクリーニングを推奨しない一番の理由は、実はここにあります。
前述のように、油分や油汚れを落とす効果が強いドライクリーニングを施すと、ダウンとフェザーに含まれる油分が、根こそぎ除去されてしまうからなのです。

クリケアは、大切なダウン衣類のケアを依頼するときは、石油由来の溶剤を使う「ドライクリーニング」ではなく、有用な油分を残して洗い上げる「ダウンウェアの水洗い」をしてくれるクリーニング店を探してほしいと考えています。

ダウンの服の水洗いをはじめとして、「本当にいい洋服クリーニングを提供していきたい」と考えている優良クリーニング店を知っていたら、ぜひクリケアに情報をお寄せください。

また、技術に自信のあるクリーニング職人、クリーニング店/工場経営者の方も、ぜひクリケアにご連絡ください。