ウール素材ジャケット・コートのケア方法

あなたに、ファッションケアのプロの知恵を!

よく着ているウール素材のジャケットやコート。
襟や袖口が汚れっぽくなってきて、お手入れしたほうがいいとは分かってはいても、どんなふうにケアすればいいか、見当がつかない…。
家で洗うのもちょっと無理そうだし、かといって、ウール素材が活躍するシーズン真っ只中なので、いますぐクリーニングに出すことはできない…。

そんなあなたに、クリーニング工場の現場で活躍する、ファッションケアの達人たちから、合理的で効果的なケア方法をアドバイスしたいと思います。

あなたの大切にしているウール素材のコート・ジャケットのケアは、このように行いましょう。

ウール素材ジャケット・コートのケア方法


【用意するもの】

  1. ハンガー
  2. タオル2枚
  3. お湯
  4. 洋服ブラシ
  5. 液体中性洗剤(市販の「エマール」など)
  6. ベンジン(※気になる汚れやシミがある場合のみ必要)

【ステップ1】 ハンガーに吊るし、全体にザッと洋服ブラシをかける

ウール素材のジャケット・コートをハンガーに吊るし、まずは洋服ブラシを使ってブラッシングします。
これは表面のホコリをはらうため。襟の裏、袖口、ポケット口なども忘れず、ザッと全体的にブラシがけしましょう。

【ステップ2】 洗剤液を含ませたタオルで表面をふく

少量の液体中性洗剤を水に溶かし、よく混ぜます。その洗剤液をタオルにふくませ、かたくしぼります。生地をこすらないように気を付けながら、タオルで全体をふきます。
摩擦を加えずに、ウール素材のジャケット・コートの表面に押し付けるようにポンポンとふいていきましょう。襟元や袖口など、汚れっぽいところは特に念入りに行います。

【ステップ3】 お湯でしぼったもう一枚のタオルでふき取る

もう一枚のタオルにお湯をふくませてしぼり、さきほどの洗剤液を取り去るように、表面をふき取っていきます。襟元や袖口など細かなところもふき取ります。摩擦を加えると毛玉ができてしまうので、やはり押さえるようにポンポンとふきましょう。

【ステップ4】 ウール素材のジャケット・コートに気になる汚れがある場合はベンジンを使う(※気になる汚れがない場合には、ステップ4は省略してください)

(※ベンジンを使用する際は、暖房器具やタバコなどの火気にご注意ください)
シミや黒ずみなどが気になる場合には、ベンジンを使います。
汚れ箇所の裏に乾いたタオルを敷き、別の布にベンジンを染み込ませます。ベンジンを染み込ませた布で、ピンポイント的に汚れ箇所をたたくようにふいて、汚れやシミを除去します。

【完成!】 陰干し後、ハンガーにかけたまま保管

ここまでのステップが終わったら、2時間ほど陰干しして、ウール素材のジャケット・コートの湿気を飛ばします。
クローゼットにしまうときも、ハンガーにかけたまま保管するのが良いでしょう。ウール素材につきやすい毛玉や、静電気を寄せ付けないように、衣類カバーをかけてからしまうのもおすすめです。

プロの知恵を参考に、自宅でのファッションケアを取り入れて!

ウール素材のジャケット・コートが活躍する冬のシーズン中、少なくとも1回このお手入れを取り入れるだけで、着た時のさっぱり感が違いますよ。

そして着用シーズンが終わったら、必ずクリーニングに出してから衣替えをしましょう。
ウール素材のジャケット・コートのクリーニングは、一般的なクリーニング屋さんでは「ドライクリーニング」をする店も多いですが、クリケアは「ドライクリーニング」より「ウェットクリーニング(水洗い)」を断然おすすめします。

ざっくりと言ってしまえば、ドライクリーニングは汗などの水溶性汚れが落ちにくく、何度もドライクリーニングをするとジャケットやコートの着用感が悪くなってしまうから。
その点ウェットクリーニング(水洗い)であれば、きちんとした方法で洗い上げればさっぱりと軽い着心地に仕上がります。

ご紹介した方法で普段のケアをしておいて、シーズン終わりにはウール素材のジャケット・コートのウェットクリーニング(水洗い)の取り扱いがあるお店を選んで、キレイにクリーニングしてもらってくださいね!