クリーニング職人のカシミヤセーターの洗い方

洗濯のプロは、家ではどうやって洗ってるの?

クリーニング職人は、家でどんなふうに服をケアしているのでしょう?

一般的な家庭の環境は、クリーニング専用の用具やマシン・洗剤などが、一通りそろっている作業場やクリーニング工場とは全く違います。
大きな洗い場はありませんし、洗濯機もごく普通の家庭用のものでしょう。

クリーニング工場の現場で働く、洗濯・洋服ケアの達人たちが実際に取り入れている「家庭での洋服メンテナンス法」。

今回は、「クリーニング職人の高級カシミヤセーターの洗い方」をご紹介しましょう!

クリーニング職人のカシミヤセーターの洗い方

【用意するもの】

  1. タライ
  2. バスタオル 2枚
  3. ウール・カシミヤ対応 おしゃれ着用液体中性洗剤 (市販の「エマール」など)

【ステップ1】 カシミヤセーターを裏返す

カシミヤセーターの表側より裏側のほうが、肌に直接触れるので、汗や皮脂で汚れています。裏の汚れがよく落ちるよう、セーターを裏返します。

【ステップ2】 カシミヤセーターをたたむ

裏返したまま、両方の袖口部分が重ならないようきれいにたたみます。
袖口はいろいろな物に擦れたりして、意外に汚れているので、上部に出るようにたたみます。

【ステップ3】 タライに水と洗剤を入れて混ぜておく

タライに30度以下の温度の水をはり、おしゃれ着用液体中性洗剤を入れます。水と洗剤がしっかりと混ざるよう、何度かかき混ぜてください。

【ステップ4】 セーターをたたんだまま水に沈める

セーターをたたんだまま、水の中に沈めます。浮かび上がってこないように、しっかりと沈めてください。

【ステップ5】 水に沈めたらなにもせずに30分ほど放置する

ここでカシミヤセーターを押し洗いしたり、ゴシゴシともみ洗いをすると、縮んでしまったり摩擦で毛玉ができてしまうこともあります。
水に沈めたまま、30分ほど放置しておきます。
こうすることで、繊細なカシミヤセーターの繊維にダメージを与えずに、汚れだけを浮かせることができるのです。

【ステップ6】 2回水を替えてすすぐ

30分ほど時間を置いたらすすぎます。きれいな水を入れたタライのなかでセーターを軽く揺らします。両手でセーターを優しく挟むようにして水気を切り、もう一度水を入れ替えてすすぎます。
すすぎ終わったら、また両手で挟むようにして丁寧に脱水します。
ギュッと絞ったり、摩擦を与えることはしないようにしてください。

【ステップ7】 タオルの上に平らに置く

用意したバスタオルを平らなところに広げます。その上にカシミヤセーターを置き、キレイな形になるように形を整えます。袖は、重ならないように、セーターの身頃の上にずらしておきます。

【ステップ8】 タオルの上のセーターごとくるくると巻く(※家庭用洗濯機の脱水機能を30秒使用してもOK)

水気がタオルに移っていくように、カシミヤセーターをのせたタオルを端からロール状に巻いていきます。ギュッと強い力で巻く必要はありません。

タオルで巻く方法ではなく、家庭用洗濯機で脱水することもできます。
その場合は以下のように行ってください。
カシミヤセーターをキレイにたたんだまま、洗濯ネットに入れます。
セーターの入った洗濯ネットを洗濯槽に入れたら、洗濯機の脱水機能を最短の設定にして、スタートボタンを押します。脱水時間は、30秒で充分です。30秒経ったら停止ボタンを押し、洗濯槽から取り出してください。

【ステップ9】 風通しのよい屋内などに平らにして干す

乾いたタオルを広げ、その上にカシミヤセーターを平らにして干します。
繊細な繊維の劣化を防ぐため、日当たりの良いところではなく、日陰や屋内で干すようにしましょう。

【完成!】  乾いたら形を整えてクローゼットへ

乾いた後は、形を整え、薄いものなら肩のしっかりとしたハンガーに吊るして保管します。カシミヤセーターに厚み・重みがある場合は、キレイにたたんで、伸びないように保管しましょう。

家で、クリケアのプロの技術を実践してみて!

実のところ、洗濯はどんなに優しくしても、一度水にさらす以上、洋服やニットの繊維にとって少なからず刺激になるものです。

そのため、デリケートな繊維に対してどれだけダメージを与えないようにできるか、どれだけ刺激を抑えられるか、というのは、クリーニングのプロとしても勝負のしどころなのです。

今回ご紹介したカシミヤセーターの洗い方で、大事なポイントはこの2点です。
■カシミヤセーターを30分つけ置きして、絶対にもみ洗いや押し洗いをしないこと。
■脱水は、タオルで巻くか、洗濯機の脱水機能で30秒だけ脱水すること。

おうちでカシミヤセーターをダメージなく洗い上げるプロの知恵、ぜひ実践して、プロ仕込みの仕上がりを体験してみてくださいね!